ハイドロキノンはメラニンの発生を抑え肌を明るくする

麦芽やイチゴ、コーヒーなどの含まれている美容成分です。ハイドロキノンはハイドロ=水素という意味があり強力な漂白作用を持っています。美容専門医で処方されるほど絶大な効果が期待できます。

しかし効果が強い成分だと、それなりに肌への刺激も強いことになります。市販で売られている化粧品はハイドロキノンの配合量は全体の1~2.5%程度になり、専門医では4%くらいの高濃度のお薬処方が可能になります。ハイドロキノンは管理の難しさから日本では医師の処方のもとで使用可能がほとんどだったのですが、2001年薬事法の規制緩和により化粧品として使用することができるようになりました。

ハイドロキノンの効果

シミの原因となっているメラニンを作り出している「メラノサイト(色素細胞)」といった細胞を減らしてメラニンの発生を抑えてくれます。また紫外線などの刺激によりメラニンは酸化されて黒くなる性質がありますが、ハイドロキノンは還元作用をもっているため酸化を還元してメラニンの色を薄くしてくれる働きもあります。よってシミを予防するだけでなく、すでにできているシミやそばかす、ニキビ跡などにも効果が期待できます。しかし注意したいのが、医師の処方無しに4%以上の高濃度のアイテム使用は避けておきましょう。それだけ強い作用のある成分のため、肌トラブルを起こしてしまう可能性があるからです。高濃度のものは医師の指示により使うことをおすすめします。

ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶポイント

シミやそばかすなどの改善を考えている方は、集中的にケアができる「部分用」の化粧品を選びましょう。部分用の化粧品は、気になる部位だけを集中的にケアできるよう比較的濃度の高い化粧品が多いので、ハイドロキノンの効果を実感できます。また、肌全体を明るくしたい場合などは「顔全体」の化粧品を選ぶとよいでしょう。さらにはハイドロキノン以外の美白成分が配合されたものを使用すると更に肌色の効果が期待できます。