ニキビのない美肌への近道は腸にあり

1日でも早く治したいニキビ。

ひとつでもぽつっとあると、せっかくキレイにお化粧してもなんだか気分もあがないですよね。
毎日洗顔をし清潔に保ち、お肌もちゃんとお手入れしてるのにどうして出来てしまうのでしょう??

もちろん普段のスキンケア方法の見直しも必要ですが、今回はインナービューティと言われる身体の内側からのケアをお話していきます。

美肌への近道。
それはなんと腸にありです!!!

これを聞いてピンと来た人も来なかった人もいらっしゃると思いますが、腸内環境は美と健康を左右します。
皆様もご存知かと思いますが、腸内細菌、腸内フローラと言われるものは、善玉菌、悪玉菌、日和菌と言われるものが種類別に別れ、まるでお花畑のように生息しています。

実は生まれたばかりの赤ちゃんの腸には善玉菌しかいません。
だから赤ちゃんの便は臭くないんですね。

それが色んなものを食べたり、小さなストレスや刺激を受けることによって少しづつ悪玉菌が増えていくので便の匂いも変わっていきますよね。

理想的な腸内フローラの割合は善玉菌2:悪玉菌1:日和菌7
と言われています。

ちなみに日和菌とは善玉、悪玉どちらにも属さない、どちらか優勢な方に同調して作用します。
悪玉菌が好むエサは糖分、肉類、油っこいもの。

ほかにもストレス、加齢、薬(抗生物質など)などにより悪玉菌が優勢になると、悪玉菌は腸の中で有害物質を発生させます。
そして腸の動きも悪くさせるので、便秘や下痢も起こりやすくなります。
腸の中で長い間便が残った状態は、便からも有害物質が発生します。
その有害物質は腸壁を突き抜け血液に流れでてしまいます。

そんな有害物質により汚れた血液は、皮膚を通し毛穴から老廃物を排出しようとするので、痛い膿をもったニキビなどとして出てきてしまうのです。

だから便秘になったり、甘いものや油っこいものを食べると肌荒れするのも納得頂けますよね。
いくら高い化粧品を使っていても、いくらスキンケアに時間をかけていたとしても、生活が荒れて、腸内環境が悪くては意味がありません。

今回をきっかけに、外側からのケアばかりでなく内側からのケアも見直してみませんか?
きっと理想の美肌を手に入れることができます!

ニキビは普段口にしている野菜にて予防や改善が行える

多くの方が自身の美容面についての悩みを抱えていらっしゃるかと思われます。

特に顔に出てしまうニキビは若い方だけではなく、年を重ねた方にも発症してきてしまい、どのようにして隠したら良いのかが悩み所となってしまいます。
ニキビにはさまざまな原因があります。

不規則な生活やストレスなど多々ありますが、ニキビは普段口にしている野菜にて予防や改善が行えるのです。
そんなニキビに効果的な野菜について掲載していきます。

まず小松菜です。

小松菜にはビタミンAが豊富に含まれています。
ビタミンAは新しい皮膚細胞を作り出す働きがあるのです。
ニキビは老化や汚れが付着している事で発症してきます。

ビタミンAを摂取する事でこのふるい皮膚を剥がし、新しい皮膚へと変えてくれるのです。
その為、常に新鮮な皮膚を維持する事へと繋がり、ニキビが発症しにくい皮膚へとしてくれるのです。
次にパセリです。

パセリにはビタミンCがたっぷりと含まれているのです。
ビタミンCには強い抗酸化作用があり、抗炎症効果やニキビの素となる細菌を退治する働きがあるのです。
またビタミンCは皮膚に潤いを与える効果があり、ニキビが発症しやすい環境となっているカサカサ肌や肌荒れにも効果的となっているのです。

次にさつまいもです。

さつまいもには食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維を摂取する事で腸内環境の働きが促進されるのです。
腸内環境の働きが低下してしまうと、排便の回数も減ってしまいます。
排便を行う事で体内に蓄積されている老廃物や毒素も一緒に排出する効果があるのです。

その為腸内環境の働きがより活発になる事で、血流も促進され皮膚への流れも正常に行われ皮膚組織の働きも正常化されていきます。
皮膚組織の働きが正常になる事で免疫力や抗炎症効果がアップし、ニキビの発症を抑制させる効果があるのです。
ニキビは年齢に関係なく発症し、なかなか治らないものとなっています。

ニキビでお悩みの方は効果が期待出来る野菜を摂取し、予防や改善に努めましょう。

背中ニキビを跡にしないで治すには正しいケア

ふと鏡を見たときや、かゆみや痛みで気がつく背中ニキビ。普段は気になりませんが、水着を着たときや背中が開いた服を着るときには気になりますよね。

放置しているとニキビ跡になる可能性があるので、正しいケアで治すことが大切です。では、どんなケアをしたらいいのでしょうか。

ピーリングで毛穴のつまりを解消

ニキビは毛穴に皮脂がつまることでできます。毛穴に皮脂がたまる原因には、ホルモンバランスの乱れ、乾燥、外部刺激などがあります。

ホルモンバランスが乱れると、皮膚が肥厚したり、皮脂の分泌が活発になります。背中は皮脂分泌が多く、毛穴がつまりやすい部位です。

乾燥をすると、肌を守るために角質が肥厚し、角質で毛穴がふさがれてしまいます。
背中は衣服や紫外線、汗のムレなどの刺激を受けています。刺激から肌を守るために角質が厚くなり、毛穴つまりの原因となります。

ピーリングにはたまった古い角質を柔らかくして取り去る働きがあります。毛穴つまりが解消されてニキビができにくくなるだけでなく、肌の代謝が促されてニキビの治りがよくなります。

石けんタイプのピーリング剤なら、普段体を洗うように使えて背が届きにくい背中もケアしやすいです。やりすぎると肌を傷つけるので、週に1~2回までにしてください。

保湿でバランスを整える

保湿をすることで肌が柔らかくなって毛穴がふさがれにくくなり、水分と油分のバランスが整うことで過剰な皮脂分泌が治まります。油分を配合した化粧品はニキビを悪化させるので、オイルフリーの化粧品を選んでください。

背中は皮膚が厚く固く顔用の化粧品では成分が浸透しにくいので、背中ニキビ用のケア用品を使用するとよいです。保湿成分ではセラミドがおすすめです。セラミドには高い浸透力と保湿力があり低刺激です。

ビタミンC誘導体もおすすめの成分です。ビタミンC誘導体にはコラーゲンの生成を促す、メラニンの生成を抑制する、メラニンを還元する、皮脂分泌をコントロールするなどの働きがあります。