「ニキビ跡」でお悩みの方に役立つお手入れ方法

現在は子育てまただ中の普通の母親の私ですが、以前は長年、化粧品業界に従事しながらたくさんの女性の肌悩みを解決してきました。
今回は、そんな経験を生かして「ニキビ跡」でお悩みの方に役立つお手入れ方法をご紹介したいと思います。
まず初めに、ご自身で考えていただきたいことがいくつかあります。

1、ニキビ跡ができたきっかけはなんだったのでしょうか?
2、何歳くらいの頃にニキビができてしまったのか?そして、その頃はどんな生活をしていたのでしょうか?
3、ニキビ跡が残る前にどんな対策をしましたか?何もしなかった結果、跡になってしまいましたか?

このように、ニキビ跡ができるまでにあった経緯によって、内面的なニキビだったのか衛生的な問題だったのかなど、原因にある程度察しが付いていた方が
ニキビ跡というのは改善に向かいやすい傾向があります。

なぜ、原因によって改善に影響するのかというと、本人の自覚の問題も多少はありますが、改善するためにアドバイスを受け入れるという柔軟な気持ちが最も大切だからです。

「ニキビなんか全くない人に何がわかるの?」と思割れるのも最もなのですが、私自身もニキビができては焦り…ということが何度もありました。

でも、その度に、その時に必要なケアをきちんと考えてから行うように意識していたので綺麗な肌を保つことができたのです。けれど、ニキビやニキビ跡で悩んでいる方の多くは「頑固な考えに固執しすぎている」という共通点が目立っていました。

「とにかく洗顔が大切」と言われればそればかりをひたすら繰り返し、その時々の自分の肌や季節、原因にあったケアを全く知らないまま肌を更に痛めつけていました。

ですので、まずはそこを大切にして自分の肌にあったケアを心がけてみて下さい。
では、いくつかご紹介します。

乾燥ニキビによるニキビ跡は、落とすことよりも先に潤わせることを試して下さい。
ローションマスクを続けて、肌がしっとりと柔らかくなってきたら毛穴のケアを始めましょう。

順番としては、ミルククレンジングから初めてゆっくり肌の様子を観察しながら週に1、2回のソフトピーリングをして下さい。

ストレスニキビの方は、精神的に安らげる環境や癒しの時間をたくさんもつとうにしてから、普通肌の人と同じくらいの丁寧なケアをしましょう。
衛生面や日焼けによるニキビの方は、まずピーリングをしっかりとやってから、保湿力を高め、最後に美白で毛穴を引き締めていきましょう。

これだけでも随分と変化が見られるのではないでしょうか。
ぜひ、試して見て下さいね。